Hinemos PostgreSQL性能監視オプション

\xa4\xb3\xa4\xce\xa5\xa8\xa5\x
f3\xa5\xc8\xa5\xea\xa1\xbc\xa4\xf2\xa4\xcf\xa4\xc6\xa4\xca\xa5\xd6\xa5\xc3\xa5\xaf\xa5\xde\xa1\xbc\xa5\xaf\xa4\xcb\xc4\xc9\xb2\xc3

■概要

データベース管理者(DBA)がPostgreSQLのデータベースサーバを安定的に運用するためには、システムリソースの監視のみでは十分ではなく、データベース特有の性能情報を監視する必要があります。

「PostgreSQL性能監視オプション」では、統合運用管理ソフトウェアHinemosに拡張機能を提供することで、DBAが必要とするPostgreSQLの性能情報の収集・監視を実現します。

Hinemosについての詳細は以下をご参照ください。

本オプションは、Hinemos 4.0のカスタム監視機能に対するアドオンとして提供されます。

■性能情報の収集・監視例

PostgreSQL性能監視オプションを利用すると、以下のようにPostgeSQLの性能情報を可視化し、かつ蓄積・監視することが可能になります。

■収集可能な項目一覧

収集可能な項目は以下の通りです。

収集項目 詳細項目
セッション数 実行中 / アイドル中 / ロック待機中
キャッシュヒット率 キャッシュヒット率
タプル更新 タプルINSERT / タプルUPDATE / タプルDELETE
タプル読み込み タプルRETURN / タプルFETCH
ブロック読み込み ブロック読み込み
ブロック書き込み チェックポイント書き込み / バックグラウンドライタ書き込み / バックエンド書き込み
トランザクション数 コミット数 / ロールバック数
WAL書き込み量 WAL書き込み量
オブジェクトサイズ DBサイズ全体
ロック 獲得済みロック数 / 待機中ロック数

■動作環境

PostgreSQL性能監視オプションの動作環境は以下の通りです。

Hinemosマネージャ動作環境 Hinemos 4.0以降(32ビット環境、または64ビット環境)
監視対象動作環境 Red Hat Enterprise Linux 5 または 6
PostgreSQL 9.0以降(32ビット環境、または64ビット環境)
Hinemosエージェントが動作すること
Perl 5.8以降

■入手方法

PostgreSQL性能監視オプションは、GNU General Public License(GNU 一般公衆利用許諾書)のオープンソースソフトウェアとして公開されており、以下のGithubレポジトリから入手することが可能です。

■保守・サポート

PostgreSQL性能監視オプションの保守およびサポートサービスは、Hinemosパートナーの株式会社アトミテックを通して提供されます。導入や保守・サポートについては、株式会社アトミテックまでお問い合わせください。

■その他お問い合わせ

その他お問い合わせについては、以下までご連絡ください。

  • 担当:永安
  • メール: